インビザライン矯正では事前のカウンセリングが大切

インビザライン治療の流れとして、一番最初にカウンセリングがあります。カウンセリングでは、患者さんが抱えている歯並びやかみ合わせについての悩みを矯正歯科医が丁寧に聞き取りをします。また、インビザライン矯正治療の特徴や他の矯正方法と比べた時のメリットなどについてのお話があります。上手にカウンセリングを受けるポイントは、疑問や不安については些細なことでも納得できるまで質問することです。矯正治療は長期間になることが多いですし、最初の不安や疑問が解消されていないと後になってからトラブルに発展してしまう可能性もゼロではないからです。インビザライン治療を受ける矯正歯科医院を探すにあたっては、治療前のカウンセリングに十分な時間をかけていて質問に対して丁寧に答えてくれるクリニックであることが重要なポイントです。

インビザラインの治療を受けてみたい。

インビザラインは、マウスピースによる歯列矯正の治療法です。ワイヤーや留め具を使用しないため、従来の矯正治療に比べると、痛みが少なく、口内炎になりにくい傾向があります。透明なマウスピースを一日に20時間程度装着する必要がありますが、取り外して歯を磨けるので、口腔内の清潔を保つことができます。インビザラインの治療を受けたい時は、歯科医院に通院をして、自分の歯の状態に合わせたマウスピースを作ってもらう必要があります。なるべく歯を抜かずに歯列矯正をしたい人に向いている治療法です。大人になってから、矯正歯科の治療を希望している人が多いですが、学校や職場でも気付かれないので安心できます。従来の方法に比べると体に負担が少ない方法なので、多くの人が治療を受けています。治療期間は人によって、多少の個人差があります。

インビザラインのメリット

歯並びを治す場合は、ワイヤー矯正が一般的でした。しかし、ワイヤー矯正だと、金属アレルギーの人は矯正をすることができないです。そして、口を開けたときに、ワイヤーが見えてしまうため、恥ずかしいと感じる人も多いです。そんな人は、インビザラインという歯科矯正法があります。インビザラインは、透明のマウスピースを歯にはめて歯並びを治す矯正法です。食事をするときや、歯磨きをするとき以外はつけたままにします。マウスピースを取り付けて数日間は違和感を感じる人もいますが、次第に慣れていきます。透明なので口を開けても、ほとんど目立たず、金属アレルギーの人でも大丈夫です。取り外しはとても簡単なので、食事をする前などにすぐ外すことができます。定期的に新しいマウスピースに交換をしなければいけませんが、頻繁に歯医者に通う必要はないです。